脱毛サロンのクーリングオフの条件と方法について

脱毛サロンのクーリングオフの条件や方法は事前に知識として持っておきましょう。

 

少し前のように強引な勧誘をされて契約をするまで家に帰れないというようなことは
現在は少なくなりましたが、最近では無料カウンセリングの時だけに申し込むことができる
お得な施術プランを提示してくる脱毛サロンが増えているようです。

 

これは実際にどういうことかというと、その場で契約をしなければ割引にならないプランで、
じっくり自宅で考えたり、ネット上で他の脱毛サロンのプランと金額などを比べたりする
隙を与えないための営業手法のようなものです。

 

その時に紹介されるプランに嘘はなく、実際に通常よりお得になっているので損をするという
わけではありませんが、後々になって冷静に考えると結構な出費になってしまったという
ケースやまだ施術前で本当に予約もできて通えるのか不安という方が多いです。

 

このようなケースで覚えておきたいのが脱毛サロンのクーリングオフです。
脱毛サロンでもクーリングオフをすることが可能なんですね。

 

なのでその場の勢いで契約してしまったけどやっぱり自分には高すぎた!
というような時には無理をせずにクーリングオフの手続きをしましょう。

 

クーリングオフをすることができる条件は下記の3つです。

 

・契約から8日以内(郵便で書類を送る際は8日目の消印までが有効)
・契約をした期間が1カ月以上
・契約をした総額が5万円以上

 

上記の3つの条件を満たしていればクーリングオフをすることが可能です。

 

クーリングオフを行う方法ですが、直接脱毛サロンに行ったり、電話をしなくても
文書にして郵便で送るだけで手続きをすることができます。

 

その際の文書の書き方に特に決まった形式などがあるわけではありませんが、
確実に相手側に届いていなければ、知らない・すでに期間は過ぎているという
トラブルの元にもなりますので内容証明郵便で送るのが一般的です。

 

内容としては契約を解除するということが書かれていればOKです。
下記のような事項が書かれていれば大丈夫でしょう。

 

・契約をした日
・会社名
・相手側の住所と電話番号
・契約したコース名
・契約したコースの総額
・契約解除の旨
・自分の住所名前、返金口座

 

解約の理由についてわざわざ書く必要はありませんが、相手側に悪いからと
言葉を濁したりせずに「解除します」としっかりと記入しておく必要があります。

 

これで返金口座に入金があるかカードの支払いはストップすることができます。
すでにカードの引き落としがされている場合は取り消しやキャンセル処理がされます。

 

契約から8日以上経過している場合は残念ながらクーリングオフをすることが
できませんが、中途解約という形で契約を解除することが可能です。

 

しかし、中途解約の場合は施術をまだ受けていなかったとしても清算の必要があります。
ちなみにクーリングオフや中途解約をする場合、大手の脱毛サロンほど話はスムーズにすすみ、
個人経営のサロンの場合だと条件を満たしていても応じてくれないなどトラブルになる可能性が
少し高くなります。